28才メンヘラ無職。DTMのこととか日記とか

日記や考えたこと、また趣味について

日記

月曜日は軽く死のうかと思うくらい調子が悪かった。その日は一日寝たり目覚めたりを繰り返して過ごしつつ、自殺することや先日あった新幹線内での殺人事件について考えていた。しかし今日朝目覚めるとわりと調子が良くなっていた。こういうのはいつもの事なのだけど、昨日は一日が一週間に感じられるような鉛の如き時間だったのに対し、今日は終日穏やかに快活に過ごせたのである。しかも音楽を聞きながら散歩した際には、このままの気分が一生続いてほしいと思うほど幸福感を覚えたりもした。参っちゃうね。こんな気分の変動がここ一ヶ月ほど続いている。前はもっとフラットだったのに。

で、まあ散歩にでかけた際にガチャガチャを引いたので例のごとく紹介します。今日はこれ!
f:id:bedroom_dance:20180612202301j:image

狛狐シリーズ!

無神論者の僕も神社自体はそんなに嫌いではありません。神秘的雰囲気のあるキツネに心トキメキますね。多分このガチャガチャ、九尾狐がレアなのかな。今回出たのは巻物をくわえた普通の白いキツネ。飾るといい感じなのでレアも欲しくなるぞこれは。ちなみにガチャを引く前、無職っぽい兄ちゃんがじっと佇みこのキツネガチャを見つめていました。キツネには無職を惹き付ける力があるのか?

後、気分が良かったので本も買いました。
f:id:bedroom_dance:20180612203301j:image

ウェブデザインの本。こういうのを勉強して少しでも将来に希望というものを持ちたいもんだね。

やることが無いんならdaw開いて音楽でも作りゃいいんだけど、創作活動によってもたらされるものにも一長一短があると思う。もちろん創作により自己表現をしたり他者の評価を貰ったりすることはポジティブに評価されるべきだけど、ある研究によれば創作をするとき脳の扁桃体が活発になるらしく、それ自体がストレスになるという見方もできる。実際創作中にイライラして苦しんだり、終わってからすごく疲労を感じたりすることは当たり前にある。だから調子のいいとき以外はあまり創作はしたくない。扁桃体を刺激して余計調子悪くなりたくないもんね。実際なるし。

それにしても今日一日を普通に過ごせてよかった。

「体中で感じていたいんだ

なんてあたたかいんだろう

なんでこのままじゃいられないんだろう」

RIP SLYMEの歌詞が頭をよぎる。なんとかこのまま穏やかな心ですごせる方法ないんすかね。