(-.-)

日記

今日は暖かいですね〜2019/02/20

近況

 

就労支援には相変わらず通っています。ただ、いまだに他人と接するのが苦手なぼくはみんなで受けるブログラムには参加せず一人で個別にパソコン入力の練習をすることが多いです。29歳にもなってこれはどうなんだと情けなくなる気持ちはありますが、多分こういうのは劇的に変わるわけでもないので気にするだけ無駄でしょう。施設の人はかなり優しく接してくれています。いつでも相談してくださいねとぼくに言ってくれますが、人に思っていることを伝えるのも苦手なので僕から声をかけることはないと思います。また、施設の他の利用者にぞんざいに扱われてイライラすることもありますが、こういうのは普段の自分の態度や振る舞いが招いてることなので仕方がありません。このことがわかっていても自分を変える気はさらさらないので、これまたこういうことは悩んでも無駄なのです。

俺はこういう人間だ!というビッグダディこと林下清志氏の発言が頭によぎります。この言葉は発言する者自身の生き様によって大きくその評価を変えるものであると言えるでしょう。この言葉を信条としながら周囲の重圧や世間の常識に対抗するために彼が生きるのなら肯定的に受け入れられるはずです。しかし僕にとってこの言葉は怠惰な生き方のための言い訳にもならない呪文としかなっていないので、ぼくがこう言ってもなんの重みもありません。

っていうかよ、挨拶は大事って言うけど普通に挨拶してもちゃんと返すやついなくね?まあそれは綺麗事でもちろん普段からいかに良好な関係を築いているかってところが前提なんだろうけどさぁ。僕より年上でちゃんとした所でまあまあのポストで働いてたやつほど挨拶録に返さないよ。日本の社会は挨拶教と言っていいほど挨拶が大好きだけど結局挨拶一つじゃ何も変わらない。普段からそれなりの関係が築けていたら意味があるかもしれないけど、そうでなければ挨拶は互いの力関係の確認にしかならないんじゃないかな。

 

 

…ごめん嘘、御託並べたけどただ俺が舐められてるだけだわ。

 

 

メシ


f:id:bedroom_dance:20190220153059j:image

チーズをばら撒く。そして真ん中にくぼみを作り温泉卵をのせる。トーストすれば卵がいい感じになるかと思ったが失敗だ。冷蔵庫から出したばかりの卵にはトースターの力は及ばない。微妙に冷たくてブルブルの卵をこぼしながら食べた。

ちなみに温泉卵はお湯を沸騰させた後火を止め、冷蔵庫から出した卵を入れて11〜12分ほど置くと上手くできる。温泉卵は卵の栄養分が崩れない上、生卵よりたんぱく質の吸収がされやすい。作り置きしておくと気軽に栄養補給ができる。


f:id:bedroom_dance:20190220153802j:image

また卵食べてるこのおじさん。


f:id:bedroom_dance:20190220153856j:image

アイスココア!

コメダのこのさっぱりしたアイスが美味い。チープな植物性油脂の感じ。

完飲。ごっそさん。

85点。

 

カルディ売ってたドレッシングが美味しかった


f:id:bedroom_dance:20190220154516j:image

もへじ サラダの旨たれというやつだ。

濃厚な味わい。これはオススメです。

あと左に写ってるザーサイはかなりの大きさで120円ほどだった。中国からの輸入だろうけど味は悪くなかった。体には悪いだろうけど。

 

最近アニソンしか聴く曲が無い

という書き込みを5chで見た。僕もそうなんだよなぁ〜。アニソン以外だと最近の音楽は一部のローファイヒップホップくらい。

といってもアニソンも曲自体は良くても音圧バキバキで何回も聞こうとは思えないものばかりだ。最近ぼくは音圧(ラウドネス)にはかなり敏感なので大半の世の曲は駄目に聞こえる中2病状態だ。

ツイッターラウドネスが低めで売れた曲としてJ.ColeのATMという曲が挙げられていた。もしかしたら配信用のマスタリングなのかもしれないけど実際ユーチューブで聞いてみるとやっぱり聞いていて気持ちよい。

ラウドネスは今のバキバキより低いほうが絶対リスナーにとってはいいと思う。音が小さいと感じたりプレイヤーの前後の曲と大きさが違っても音量ボタンですぐ調整すればいいんだし。

ふぅふぅ

きんきょう

 

いい加減働かなきゃ的な状況もあり最近は就労に向けて活動している。訓練にも通い始めた。といってもすぐに就職して稼がなければならないほど切迫しているわけではないので、1年後くらいをめどに長く続けられそうな就職先を見つけられればいいな、という感じである。

家庭の事情もあって半ば仕方なくこれまでより忙しくしているのだけれど別に調子は悪くない。忙しいと時間があるから何かして楽しまなきゃとか、創作しなきゃなどという欲望というか強迫観念みたいなものが感じられなくなる。朝起きてベルトコンベアのラインに乗せられたまま自動的に自分の人生が流されていくのを眺めているみたいだ。

はっきりいってこういうのは悪くない。元気の前借りみたいに一時的に自分を奮い立たせて後々利息付きで借りを返さなきゃいけない状況が今までは多かった。だから今の方が楽。意識は抜群に低い。ほとんど死ぬのをボケっと待っている感じかもしれない。まあそれでもいいよ。しかし一生こうなのはどうか。大概みんなそう考えるだろう。僕も人並みに考えることがある。考えるふりだけど。大概答えは既に出てるいるよね、こういうのは。

 

むしょくめし

 


f:id:bedroom_dance:20190207123039j:image

ピクニック気分で河原のベンチまで行った。ノンアルコールとお菓子。ドローンを飛ばしている人を見ながら食べた。このオールフリーはかなり美味しい。普通のビールよりも。


f:id:bedroom_dance:20190207123257j:image


f:id:bedroom_dance:20190207123312j:image

冷凍ピザまん。これも美味しい。2個入りで200円くらいだがコンビニのレジで売っているやつと同等のクオリティだ。食感がいいよ。ピザ部分の熱さで目が覚めるね。


f:id:bedroom_dance:20190207123525j:image

例のやつ。僕は食べたことないけど二郎というやつを模した感じのラーメンらしい。

これも美味しい。麺は柔らかい。そしてコシがない。だからガツガツいける。僕は柔らかい麺が好きだ。スープも美味しい。これが二郎なのか?多分違うのだろう。でも美味しい。

ある意味でこの商品はラーメン好きを挑発していると言える。意図的では無いとしてもそういう挑戦的な要素がある。ラーメン好きはあーだこーだと店のラーメンとこのラーメンを比較をしだすし、ラーメンに興味のない人は初めての味を新鮮に思うだろう。こういった様々な感想がネットを散らばることで、人はじゃあ一度試してみるか、となるはず。

僕みたいなラーメンは嫌いじゃないがラーメン屋という空間が大嫌いな野郎にとってはありがたい商品だ。もっとこういうの作ってくれー。

 

小室圭さんと秋篠宮家に一切の興味が無い件について

 

無い。この話題が好きな人はどんな頭なのだろうか。

誰だってこの程度の問題は抱えているもんだ。一般人なんてもっとドロドロだろうね実際。そこに魅力があるのかしら。自分だけじゃないんだ〜と小室家を見て安心するみたいな。

とにかくTV局はこの話題を即刻やめて我々の社会に有用なニュースを報道してくれと書きかけたが、もうテレビほとんど見ないからいいや。

 

作家・研究者の橋本治が亡くなったというニュース

 

僕はこの人のことを知らなかった。しかし死去のニュースがやたらツイッターで話題になっていたことでこの先生が有名な人だったのだなと知った。

あるツイートによるとこの人は、日本の伝統・文化であることを根拠にした言説に対抗するため近代以前の日本文化を調べていたらしい。主張の根拠たる伝統に反するさらに古い伝統を見つけることで、いかに論者がその主張を正当化するため歴史の一部を自分の都合良く切り取っているかを示そうとしたのだと思う。全てそのためではないだろうけど。

こういうのってたまにネットでもあることだ。例えば同性婚が日本の伝統にそぐわないとして反対する人がいた場合、日本にはかつてから同性愛を嗜む文化があったのだよ云々と反論するやつだ。

橋本治がやろうとしていた事もこれの上位版みたいなことなのだと思う。だとしたら面白いかも。どういう結論に至るのか。結局伝統に根拠を求めることがナンセンスなのは皆わかりきってやってるゲームなのだけどそれを如何にしてぶちまけるのか気になる。私、気になります!

 

 

 

漫画・ごはん・はなし


f:id:bedroom_dance:20190117153051j:image

施川ユウキ『銀河の死なない子どもたち』を読む。

め、名作だ〜。

戦争で荒廃し人類が居なくなった惑星に住むπ・マッキ・ママの3人。彼らは不老不死のため途方も無い時間を過ごしてきた。外見は人間の子供であるπとマッキは、次第に生と死について考え始める。人間とは違う生を生きながら死を知ることは無い自分たちの人生は万物が流転する世界において部外者として取り残されてしまっているのではないかという疑問…

でまあ、そこに人間の女の子がひとりやって来て一緒に生活するっていう話。


f:id:bedroom_dance:20190117154218j:image


f:id:bedroom_dance:20190117154228j:image

病気になっても薬は無いので痛みを和らげるために大麻を吸う女の子。最初は煎じて飲んでいたけど途中から吸引する描写になっていた。多分病気の進行が深刻になったせいだろう。

仮に人間が死なないとする敵は孤独だ。孤独は嫌だなぁ。前も書いたかもしれないが孤独を良しとする文筆家は多い。孤独を肯定する本はいっぱい出ている。でもそういうこうことをうたってる人というのは何処か遊び半分の印象を受ける。多分彼らが言いたいのは思考やある種の決断における孤独なんだろうけど、だとすると本当に贅沢な遊びだ。

 

食べ物コーナー


f:id:bedroom_dance:20190117160018j:image

パンとタマゴ。タマゴの味が濃い。パンコーナーで売ってる大量生産のパンは不味い。だからこういうパンは一日一個しか食べることができない。


f:id:bedroom_dance:20190117160423j:image

冷凍ペペロンチーノとタマゴ。冷凍のパスタは油分が圧倒的に足りない。でもかと言って食べられないわけではないのでそのまま食べる。タマゴから食べると血糖値の上昇が穏やかになるという。だからタマゴを先に食べた。


f:id:bedroom_dance:20190117160720j:image

ソフトクリーム。見た目が良いから飾っておきたい。


f:id:bedroom_dance:20190117160848j:image

左はゼリー風のなにか。はっきり言ってこれは美味しい。でもゼリー単品がたくさん入ったパックは意外と高い。いつか買うかもしれない。

 

話がつまらないと言われると悲しくなると僕は思う。

多分会話というのは化学反応なのだろう。一方的な会話はお互いにつまらない。話し手と受け手が二人三脚で作り上げるのが面白い話なのだ、多分。

かつて50メートル走をしたとき、僕の横で一緒にスタートし走った男にこう言われた。横のやつ(僕)が遅いせいでタイムが伸びなかった、と。これはなかなかのクズ発言だが、もしかしたらそういう影響も無くはないかもしれない。

会話もこれと同じで、一方のパフォーマンスが相手に影響を与えてしまうといったことが考えられる。話がつまらない奴は相手の会話のパフォーマンスを落とし場の空気を白けさせその実力を発揮できなかった相手の自尊心をも傷つける。だからつまらない奴は嫌われる。

自分一人でやる事は大概殆どが自分の責任に帰するだろうけど、何か事を二人以上でやるときはその限りじゃない。お互いがお互いに影響を与える。もうこうなると自分は自分じゃない。歯車の一部として正確に動かなければならない。

このことから孤独は自由な分、気楽だ。走らなくても人から責められることはない。

でもいくら逃げても話がつまらない人はやっぱり人から嫌わられるだろう。その事実は変わることは無い。

よって僕は社会を恨みたいと思います。

 

おち〇ちんから膿がでたよワラ

先日夜中に尿意を感じたのでトイレに起きて用を足しているときにペニスの先の方に熱い痛みを感じた。こういうのは今までもたまにあることだったが、この時は尿の切れがかなり悪かった。

そこで僕はなんとか排尿を試みようと、ペニスを手に持ち痛みに耐えながらおしっこに集中していた。しかし何かおかしい、という感覚が心に渦巻く。体験したことのない残尿感とじわじわした痛みに僕は戸惑いを禁じえなかった。

そして僕は嫌な予感を感じながらも、異常がないかどうかを確認するため下を向いているペニスを体の方に持ち上げた。

見た感じおかしいところはない。しかし痛みはある。僕はその痛みをごまかすためにペニスをぎゅっと揉んだ。白濁液が出た。

あっ...これダメなやつだ。寝ぼけた頭に鮮烈な光景が飛び込む。僕は一瞬でそれが膿であると判断した。しかしまたこんな考えも同時に浮かんだ。これは精液が尿に混じっただけであると...

そんな馬鹿な。現実から目を背けてはいけない。ちんちんから膿が出たんだよ。こんなの普通のことじゃない。僕は初めての経験に不安と恐怖を覚えた。

f:id:bedroom_dance:20181220150620j:plain

その日はとりあえず寝た。

翌朝も排尿時に痛みがあった。

泌尿器科の開院を待ち受診する。

尿検査の結果、尿に白血球が多いと言われる。まあそうだろうね。

医者が言う。

「風俗を含めて一か月以内に性交渉しましたか?」

...来たっっ!

してません...。僕は答えた。

では多分大腸菌が入ったんでしょうねと医者。

帰りに処方された抗生剤を薬局でもらって帰る。

飲んだら膿も痛みも直ぐ無くなった。ホッ...

 

今日も歩く

晴天。

f:id:bedroom_dance:20181205172102j:plain

歩く。

河原のベンチに座りスマホゾンビランドサガを見る。

飽きる。

歩く。

f:id:bedroom_dance:20181205172334j:plain

木。

歩きながらイヤホンでアニメの音声だけ聞く。

よしながふみ原作の西洋骨董洋菓子店

昔、椎名桔平主演でドラマになったやつのアニメ版だ。

原作の漫画も好きですでに読んでいる。

よしながふみで一番好きなのはフラワーオブライフ

f:id:bedroom_dance:20181205172922j:plain

オタクの彼が「馬鹿だから漢字は書けないけど凌辱という漢字なら書ける」と言い出したところで笑ってしまう。

しかしよしながふみが描く親子関係というのはリアルだ。

一見問題なさそうに見え、息子にも優しく接する上位中産階級の両親との静かな葛藤。よしなが氏も慶応出だしわりかしこういう感じの両親に思うところがあるんだろか。

西洋骨董洋菓子店でもそこらへんは描かれている。

一流の商社勤めを辞めた主人公。脱サラをしてケーキ屋を始めると両親に伝えると、母親はわずかに戸惑いを見せるもすんなりと受け入れてしまう。父親も同様で息子を応援することを表明し一流のパティシエを呼んでやるとまで言う。主人公は感謝をもってその反応を受け入れるも内心ではその異様さを自覚している。しかしこういった関係は共依存的だ。お前の自由にやりなさいと言いながら息子を自分たちの元へ繫ぎとめる両親と直接それに抗えない息子。息子はこの家族関係に葛藤を抱き続ける。

わかる。

 

歩く。

 

ガストに着く。

肉肉セットみたいなのを頼む。

f:id:bedroom_dance:20181205174938j:plain

手抜き絵日記。

ハンバーグ、焼き肉、ヒレカツが鉄板にのっている。

途中で横に2~30台の男が横に座る。3分に一回くらいドリンクバーに行っては飲み物を汲んで戻ってくるを繰り返す。座ってられないタイプのぼーやなのだろう。

 

ていうか絵なんだけど子供の頃からのくせでわき腹から腕を生やしてしまった。これがいまだに直っていないあたりが恐ろしい。

 

先日描いたイラスト。

f:id:bedroom_dance:20181205175942j:plain

3Dモデルを見て描いた。なんか違う。なぜ傾かせたし。

今日日、虹裏発祥のosたんのイラストを描いてその画像をブログに貼っている男は僕くらいのもんだ。

 

今日も生存しました。ありがとうございます!

本日の絵日記

f:id:bedroom_dance:20181203201626j:plain

今日は天気が良くなかった。しかし雨はほとんど降っていなかったので散歩に出かけた。イオンにでも行こうかと思ったが行くまでの道のりで人とすれ違ったりするのがきつくてやめた。結局例によって人気のない河原へ。

最近はイライラしてばかりだ。理由は気に入らないことをわざわざ空想してしまうことにある。被害を受けたり喧嘩をしたりする空想をすることで爆発的に怒りや恨みが噴出してしまう。薬を結構飲んでいるが怒りというものは簡単に抑えられるものではないらしい。強い鎮静剤を打ち込むなら話は別かもしれないがそんな薬は生活に支障が出るはずだ。

イライラは非常につらい。不快だからである。イライラしていては楽しむことも集中することもできない。怒りは人間の活動の原動力になると言う人もいる。長期的または歴史的に見ればそうなのかもしれない。しかしノーフューチャーな僕らにとって最も大切なのは今である。今この瞬間の空気に幸せを見出したいのだ。従って目下、イライラは僕の敵である。

感情をコントロールしているのは主に脳の前頭葉であるらしい。おそらく僕の脳はこの部分が閉店状態なのだろう。具体的に言えばすでに物理的に萎縮しているかこの部分への血流が滞っていて活動が妨げられているかのどちらかだ。萎縮はたぶんほぼ不可逆なものだろうからあきらめるとして、前頭葉への血流をよくすることは可能だろう。その方法には、投薬や運動、絵を描く、瞑想をするといった行為があげられる。というわけで僕は運動(散歩)とイラストを描くことを日課にすることにした。できれば劇的に脳機能が改善して前頭葉マックスバリュ並みに営業してくれることを祈りたい。

というわけで散歩だ。

音楽を聴きながら河原まで歩く。スマホYouTubeを開いてそこから聴く。最近、奥さん!バックグラウンド再生できるようになりましたよ!なんと月1500円!とやたら課金を推してくるが、こんなのは500円なら考えてやってもいいぐらいなので無視する。でもバックグラウンド再生ができたら便利も便利だろうなあ…しかしspotify、アマプラ、dアニメで月2000円ほど使っているのでこれ以上はダメだよ…

河原についたのでベンチに座りツイッターを開く。月曜日は僕がフォローしている人たちのツイートがいつもより減る傾向にある。つまらん。もっと平日から旅行写真をアップしたりして無職の僕を安心させてくれ!botとニュースしかないタイムラインを見ると、いま日本で働きもせずツイッター眺めているのは自分だけなんじゃないかという気もちになるから嫌だ。

ツイッターを見るのにも飽きてベンチに寝っ転がったりする。公園のベンチは寝れないようご丁寧に日本人ご自慢のおもてなしがしてあるけれど、ここのベンチは誰でも乗せるなかなかのビッチだ。よいね。僕はヤリマンしか信用できない。

ベンチに寝る。恥ずかしい。空を見上げるが

誰かに寝ているところを見られないかとたまに顔を上げてあたりを確認する。このスリルが結構好きなのだ。

曇り空を堪能して帰路に就く。

spotifyのプレイリストから誰か知らない人のヒップホップの曲が流れる。最近のヒップホップはマンブルラップが多い。マンブルラップていうのは、「おれは、街を、歩く。そして、きみと、出会う。あー。」みたいな薬中が世間話でもしてるみたいなラップのことだ。僕はこのラップスタイル、最初は興味なかったんだけど割と最近は慣れてきてプレイリストで流れてきても飛ばさなくなった。このマンブルラップ、リリカルなスタイルの従来のラップより日本語との親和性が高いように思う。英語を抑揚

なくラップするスタイルが日本語の話し方っぽいからだろうか。マンブルラップのおかげでダウナーな感じのラップも従来より増えてきた。音楽の移り変わりを見るのは楽しい。

家に帰ってきてペンタブでイラストを描く。

ぱくたそに上がってる写真を参考に絵日記を描く。といっても、実際は猫もいなかったし、本も持って行っていないし、ツインテールにハイウェストのスカートにリボン付きのブラウスにワインレッドのタイツを履いていないし、そもそも女ではない。しかし小汚いオタクを描いてもしょうがないので誇張して描く。

自分をツインテールの女で描くのは漫画家のルーツが描いているルーツレポ

nlab.itmedia.co.jp

のパクリでもある。

しかしイラストだけど目が上手く描けない。今風の描き方を習得したい。

今日は穏やかにすごせた。

やはり日々の心掛けが重要か。絵を描くと気分も上向いてくるしよいね。

 

明日も頑張って生存戦略

ままぁ~~ううう~~

最近したこと

 

映画を見たよ

僕は流行りものに興味のないキャラで通しているけど、巷の評判の良さに負けて『ボヘミアンラプソディー』を見たよ。

正直、クイーンというバンドは今まで特に好んで聞いてきたたわけではなかった。クイーンは時代によって色々なジャンルを彼らなりに取り込もうとしてきたバンドだが、そこには一貫したリズムがある。その不変のリズムの大部分を担っているのがロジャー・テイラーだ。これは映画を見ていればわかるが、彼はかたくななまでに8ビートに固執するのだ。つまり直線的なドラムだ。ハイハットを8分で刻んでいても普通ドラマーなら癖みたいな感じでゴーストノートぽく16分のスネアを入れたりしてノリを作るのだが、ロジャー・テイラーはそんなことはしない。確か映画ではディスコ調の曲をクイーンでやろうとしていた時彼がそれに反対していたように思う。でもそんなときベーシストがとてもいいリフを弾き出して結果完成したのがAnother One Bites the Dustという曲であったという話だが、ここでもロジャー・テイラーはディスコなんかには媚びない。ブライアン・メイは合間にファンク風のカッティングを入れているのだがドラムはずーっと規則的なビートの繰り返し。しかしそれがこの曲を唯一無二のダンスミュージックにしたのだ。

この曲にはいつものクイーンが得意とするコーラスワークが封印されている。基本的に演奏はドラムとベースのみ。たまにギターにエフェクトをかけてシンセ風にした音が入るか、きまぐれにブライアンが控え目に参加してくるというかなりシンプルな演奏だ。これには引き算の美学的なものを感じるね。この曲個人的にかなり好き。

どうでもいいことを話してしまったけど映画自体はとても感動できるのでお勧めです。

劇場では、フレディがんばえー!と心の中で泣き叫びながら応援しましょう。

 

パスタを茹でる

今日はパスタを茹でて食べた。

いつものことだけど、乾麺のパスタを袋から一食分取り出すとき、手につかんだパスタの束を見て、これじゃさすがに足りないよなと思い量を増やす。しかしゆであがった時に、初めに掴んだパスタの量が適量であったことに気づく。今日も山盛りのパスタをなんとかお腹に収めた。なぜ人はパスタを甘く見るのか。パスタなら食えるなんてのはひどい間違いだ。育ち盛りじゃないんだぞ。学習しろや。

 

f:id:bedroom_dance:20181127230056j:plain

 

syamuさんが復帰した

ネットでネタにされ続けてきた伝説のyoutuberであるsyamuさんがツイッターで書き込みをし、ラジオ配信をした。

多分今オフ会やったら百万単位で儲かるんだろうな。

また元気に配信をして、ナチュラルに人を見下しながら根拠のない自信を披露してもらいたいもんだ。

syamuさん、すこだ...

ジョジョの奇妙な歌詞

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風を少しずつ見ているのだがオープニング曲の歌詞の一部が「ファイティンコーーーー」に聞こえるのが非常に気になる。ググったら結構みんな気になっているらしい。

この曲は、作詞 - 及川眠子 / 作曲・編曲 - 大森俊之 というエヴァンゲリオンで有名な二人が手掛けている。さすがの及川眠子もFighting Goldがファイティンコに聞こえるのは予測できなかったのだろう。ていうかプロデューサは録音時に気が付かなかったのだろうか。もはや後の祭りだ。

 

エンディング曲は英語詞の90年代っぽいR&B。イタリアのマフィアの若者たちの話なのになんか曲がかみ合わないね。opは少年漫画っぽ過ぎるしedは意図が判然としない。

内容はかなり原作に準拠してる感じがある。でも僕は原作がナレーションを多用しているからといってそのままナレーションをアニメ演出として使うのは好きじゃない。ナレーションなしでも映像だけで別にわかることのほうが多いし。

多分映像化ってこうして何をしても批判される運命にあるのだろう。

そう思うと別に悪いアニメではない。うん。

 

ペンタブ

ペンタブを出してきて絵を描いた。このまま練習を続けていつか漫画を描きたい。

f:id:bedroom_dance:20181127233430j:plain

 

これは模写。言うまでもなく右が僕が書いたやつ。

意外と色を選ぶのって難しいよね。ギャルゲ塗りを極めたい。線の引き方もマスターせねば。

f:id:bedroom_dance:20181127233721j:plain

こたつ。ググって出てきた画像を参考にして描いた。何かを参考にしてほとんどそれを描き写す感じじゃないととても絵なんて描けない。

ていうか人の写真を参考にして許されるレベルってどんな感じだろう。

多分上手い人はそこらへんをトレスやパクリにならない感じでうまく仕上げることができるのだろう。

 

 

 

以上